France Bonjour Mille Joies Planning
Mille Joies Planning Mille Joies Planning
ミルジョワ企画とはフランスワーホリ&留学フランス流で魅力的な滞在Voyage au Japon pour les français La maison du tissu de Kimono

ワーホリビザ取得→渡航まで
ワーホリビザ申請について
フランスStudio住宅事情
ワーホリ&留学体験記
ブルターニュ地方(Fさん)
 2018年度
パリ(N. Sさん)
 2017年度
ミディピレネー/ジュラ(Y.Yさん)
 2017年度
トゥール/パリ(Mr.Suzukiさん)
 2017年度
ブルターニュ/パリ(N・Mさん)
 2016年度
ミディピレネー/パリ(S・Kさん)
 2016年度
ロワール地方/Angers( H・Tさん)
 2016年度
ミディピレネー/パリ(Tさん)
 2015年度
トゥールーズ近郊(Kさん)
 2015年度
ブルターニュ(A・Sさん)
 2015年度
ブルターニュ&パリ(Mr. S Nさん)
 2013年度
ボルドー近郊プジョル(草野さん)
 2013年度
パリ(小山さん)
 2013年度
パリ(小野田さん)
 2013年度
パリ(奥村さん)
 2012年度
ジュアンレパン/ビアリッツ(廣瀬さん)
 2012年度
パリ(T.N.さん)
 2012年度
パリ(村上さん)
 2012年度
ブルターニュ(稲毛さん)
 2012年度
パリ(影山さん)
 2010年度
パリ(Mr. Tさん)
 2010年度
サンセール(外川さん)
 2009年度
ヴィッシー&パリ(Y・Mさん)
 2008年度
パリ(田中さん)
 2008年度
アルザス(西田さん)
 2008年度
ニース(村野さん)
 2007年度
パリ(金井さん)
 2007年度
ヴィッシー(高嶋さん)
 2006年度
ヴィッシー、パリ(西山さん)
 2006年度
ニース(青木さん)
 2006年度
ヴィッシー(鳥居さん)
 2005年度
シャトー ドゥ ラレイ(N.Wさん)
 2005年度
ニース(尾尻さん)
 2005年度
ニース(堀内さん)
 2005年度




大人材をご紹介!


■パリ1区の一等地の高級ホテルでレセプションとして働く
 安田さん(パリ)

ご相談のメールを拝見したのは2018年の冬。
それからカウンセリングをさせていただき、ご希望を聞き、弊社と一緒にやることに。
しかしながら 実は安田さんは在日韓国人。 日本で生まれ育った彼女にとってはどこからみても日本人。今どきの日本人よりずっと日本人らしい。(言葉遣い、挨拶、態度 などなど)
それでもワーホリビザ申請は韓国でしなくてはいけない。その大変さといったら筆舌に尽くしがたいものがあった。代表ブログでもご紹介してますのでご興味があればお読み下さい。
未だに在日の方々がいろんな意味で差別を受けている、、、選挙権もない、ヴィザも生まれてもいない 育ってもいない 住んでもいない韓国へ行かなくてはいけない、もちろん法的に日本人として手続きをすれば日本での申請も選挙権は得られるが、、、やはりそこは簡単にはいかないもの。。。ご両親は韓国の方。 沢山の、本当に沢山の困難にぶつかりながら それでも諦めることなく、フランスへの夢を持ち続けた。
彼女の職業は日系のCAさん。ですから英語は全く問題なく、仏語もかなりのレベル。 なのに 就労先はかなり困難を極めた。
弊社は英語も仏語もできる方だから 弊社に参加費用を払わなくても 就労先を得られると思い、最初の頃はご自身で就労先を見つけるということで動き始めた。運よくいくつかのフランスの企業は感触が良かった。しかし途中まで進むとどういうわけか返事が途絶える。こんな状況が続きお手上げ状態になったのが現実。

たまたま 弊社代表が参加したフランスのワークショップ、ランデヴーフランスの会場で馴染みのホテルの人と会い、日本人のレセプショニストを探しているホテルがあるという情報を得るチャンスに恵まれた。その後はとんとん拍子で話が進み、就労が可能となって2019年の夏渡仏した。
やはりフランスは日本以上にコネクションがものをいう国。
全く知らない人を雇うにはどんなに履歴書が素晴らしくてもリスクがある。しかし知り合いが太鼓判を押す人なら全く問題なくなるということだ。弊社代表が口の利き方、物腰、語学力、態度など厳しくチェック済みなのを評価しているからだ。
そして 2019年12月、Teestyle という会社の取材をうけて、安田さんは高評価を頂いている。弊社にとってもとても喜ばしい。


2020年夏一旦帰国するが、ホテルにとってワーホリで終わるには残念ということで引き続きパリで安田さんは日本人として日本のお客様に笑顔を提供することになりそうだ。
いろいろなワーホリ志願の方をたくさん見てきていつも思うことは感謝の心がある人は必ず道は開けるということ。文句と愚痴は福を遠ざける。心こそ大切!
これからの彼女の活躍が楽しみだ。

新! 大人材をご紹介
パリ1区の一等地の高級ホテルでレセプションとして働く

ご相談のメールを拝見したのは2018年の冬。
それからカウンセリングをさせていただき、ご希望を聞き、弊社と一緒にやることに。
しかしながら 実は安田さんは在日韓国人。 日本で生まれ育った彼女にとってはどこからみても日本人。今どきの日本人よりずっと日本人らしい。(言葉遣い、挨拶、態度 などなど)
それでもワーホリビザ申請は韓国でしなくてはいけない。その大変さといったら筆舌に尽くしがたいものがあった。代表ブログでもご紹介してますのでご興味があればお読み下さい。未だに在日の方々がいろんな意味で差別を受けている、、、選挙権もない、ヴィザも生まれてもいない 育ってもいない 住んでもいない韓国へ行かなくてはいけない、もちろん法的に日本人として手続きをすれば日本での申請も選挙権は得られるが、、、やはりそこは簡単にはいかないもの。。。ご両親は韓国の方。 沢山の、本当に沢山の困難にぶつかりながら それでも諦めることなく、フランスへの夢を持ち続けた。 続きを読む⇒

大人材 ご紹介!
パリのショコラティエの売り子さんとして労働ビザ取得

「2013年3月からパリのショコラティエの売り子さんとして2014年3月まで働いていた小野田さん」
ミルジョワ企画 代表:佐藤 が感心した、いまどき珍しい 礼儀正しく、誠実で、控えめ それでいて頑張り屋さんの大・人材をご紹介!
弊社に登録後、 続きを読む⇒

フランスWHビザで働く際の注意事項
〜弊社が紹介する仕事先について〜
ご存知の通り、WHビザは期限付きのビザです。入国から出国まで1年以内。ということはどんなに最長で働けたとしても就労も1年以内となります。1年も働かない社員に5週間の有給休暇があるはずがありません。
そんな奇特な会社経営者はおりません。そして 仕事もままならないうちに自分のお休みはいつか聞くことも常識人ならいたしません。ましてや有給休暇があるかどうかなど論外です。聞く人いるの?と思いますよね。
(フランスは雇用主より雇用される側がかなり護られいてる国。もちろんお休みはあります。)
確かに聞いていけないことではないです。でも 聞くことでもありません。そういう所でその人の人間性がでてしまいます。

要は異国の地でどれだけ雇用主から認められるか、です。お給料もお休みもきちんとするのがフランスの国の法律です。だからといって 規則通り法律通りの働き方をするか、時にはそれを度外視し感謝の心で働くか、フランスは日本以上にそういうところがその先の滞在に影響する国です。日本人よりずっとずっと人間臭いのがフランス人です。

要は “フランス語もままならない自分を、VISAの関係で長く働けない自分を雇って頂き感謝します”
という心があるかどうかです。感謝の心を失うと勘違いが始まります。Attention !!


ミルジョワ企画 Mille joies Planning
Tokyo, Paris, Aix-en-Provence, Firenze
Copyright (c) Mille Joies Planning. All rights reserved.

アクセスマップ