France Bonjour Mille Joies Planning
Mille Joies Planning Mille Joies Planning
ミルジョワ企画とはフランスワーホリ&留学フランス流で魅力的な滞在Voyage au Japon pour les français La maison du tissu de Kimono

ワーホリビザ取得→渡航まで
ワーホリビザ申請について
フランスStudio住宅事情
ワーホリ&留学体験記
トゥール/パリ(Mr.Suzukiさん)
                        2017年度
ブルターニュ/パリ(N・Mさん)
                        2016年度
ミディピレネー/パリ(S・Kさん)
                        2016年度
ロワール地方/Angers( H・Tさん)
                        2016年度
ミディピレネー/パリ(Tさん)  2015年度
トゥールーズ近郊(Kさん)   2015年度
ブルターニュ(A・Sさん)    2015年度
ブルターニュ&パリ(Mr. S Nさん)
                        2013年度
ボルドー近郊 プジョル(草野さん)
                        2013年度
パリ(小山さん)         2013年度
パリ(小野田さん)       2013年度
パリ(奥村さん)         2012年度
ジュアンレパン/ビアリッツ(廣瀬さん)
                       2012年度
パリ(T.N.さん)         2012年度
パリ(村上さん)         2012年度
ブルターニュ(稲毛さん)   2012年度
パリ(影山さん)         2010年度
パリ(Mr. Tさん)        2010年度
サンセール(外川さん)    2009年度
ヴィッシー&パリ(Y・Mさん) 2008年度
パリ(田中さん)         2008年度
アルザス(西田さん)      2008年度
ニース(村野さん)        2007年度
パリ(金井さん)         2007年度
ヴィッシー(高嶋さん)     2006年度
ヴィッシー、パリ(西山さん)  2006年度
ニース(青木さん)       2006年度
ヴィッシー(鳥居さん)     2005年度
シャトー ドゥ ラレイ(N.Wさん) 2005年度
ニース(尾尻さん)       2005年度
ニース(堀内さん)       2005年度


●ワーホリ体験記

2010年12月末に1年のワーホリ滞在を終えて帰国。
滞在先:サンセール ソムリエ 
体験者:外川久美子さん

  2010年という一年を、長年の夢であったフランスで働き、充実した時間に出来たのは、やはり佐藤様のサポートがあったからこそだと、実感しています。

正直な話、ほぼ0に等しい語学力で渡仏した私ですから、もし事前の準備が何もなければ、このように希望通りに田舎町の小さなレストランで、しかもサービスとして働くことなど不可能な話です。

私は幸いにして、当初予定されていた契約期間をビザ有効期限内いっぱいまで、延長して頂き働くことができました。
しかし、働けば働くほど、現地の方達の話していることが理解出来るようになればなるほど、語学を日本でせめて、基礎知識ぐらい勉強しておけば良かったと、 、、後悔もしました。
ですから、今渡仏を考え、特に現地での就労を希望されている方には、声を大にして伝えたいです。ビザ取得の準備と合わせて、語学の勉強、そしてフランスでの滞在目的を明確にして準備することは大切ですと、、、
今のフランスの雇用状況から見ても、言葉のままならない者が職を得ようとすることは容易いことではありません。現に理想と現実とのギャップに、たった数ヶ月で日本に帰国された方にも出会いました。
現地の語学学校に通っていたにも関わらず、フランス語でフランス人とコミュニケーションを取れないまま帰国された方にも出会いました。こんな残念な結果は、本当にもったいないです。

私は、わずか人口120人ほどの小さな村で暮らしていたので、周りに日本語を 話す者はもちろんいませんから、そういう意味でも環境には恵まれていました。
そんな小さな村ですから、みんな会えば立ち話は普通。1度でもレストランで接客したのならば、お休みの日に行ったスーパーやバーで偶然にも会えば、またそこで挨拶をし軽く会話を交わすのが日常。そのおかげで、聞くことにはだいぶ慣れました。しかし、もともとのボキャブラリーが足りないこと、そしてまだしっかりと文法が身に付いていないため、ちゃんとした文章で話すことができないこと。毎日、悔しい思いをしていました。
それでも、負けないで飛び込んで行く気持ちが必要です。
一生懸命話を聞いていれば、少しずつ耳が慣れて理解出来るようになります。
自分が理解出来ない単語も、表現も不思議なほどに明確に解る時もあるほどです。
そして、解らないことは素直に聞き返します。毎日がその繰り返しです。でも、全ては日々の積み重ねです。語学力だけではなく、相手との関係もその日々の繰り返しが築いてくれました。
そして、そんな拙いフランス語の私を雇ってくれたパトロンに、お世話してくれたムッシュ、同僚がいたからこそ、現地での生活を楽しむことが出来ました。
私は語学学校に通っていた時のホームステイ先にも就労環境にも恵まれ、特別なことではない日常の生活を十二分に堪能することが出来たため、一年滞在したにも関わらず、実はフランス国内を旅行することがなかったほどです。
旅行はビザがなくても出来ます。でも、働くことは出来ないんです。現地の方に混じって生活することも簡単なことではないのです。そう思うと、旅行している時間よりも普段の日常生活が大切すぎて毎日思うことは、
もっともっとフランス語を話せるようになりたい!!
もっともっとみんなとコミュニケーションを取りたい!!
もっともっとフランスで生活したい!!
シンプルにこれだけです。

でも、期限は決まっています。たった、一年です。
その一年を十二分にも堪能する為にも、最後にもう一度書きます。
事前準備は大切です。

確かに、お世話になる為に初期の投資費用は必要です。決して、安くはありません。
でも、それ以上にしっかり佐藤様のサポートがあったからこそ、現地でお給料を頂き、さらにチップまで頂ける仕事ができました。 こんなに語学力が拙いのに、こんなにしっかり頂いていいのかと思うほどの額面です。しっかりと貯金も出来るほどです。

こんなに恵まれて仕事を出来ることは、本当に貴重なことだと思いますし、恵まれた環境です。そのチャンスをつかむ為にも、事前の準備は大切です。

大人材 ご紹介!
パリのショコラティエの売り子さんとして労働ビザ取得

「2013年3月からパリのショコラティエの売り子さんとして2014年3月まで働いていた小野田さん」
ミルジョワ企画 代表:佐藤 が感心した、いまどき珍しい 礼儀正しく、誠実で、控えめ それでいて頑張り屋さんの大・人材をご紹介!
弊社に登録後、アドバイス通りにフランス語の学習に努力を続け、本人の希望の職種ではワーホリで働くことは厳しいとの助言にもきちんと耳を傾け、自分は何ができて 何ができないのか、をしっかり受け止められる謙虚な小野田さん。デザインの道で働くことはできなくても パリでの生活はデザインのインスピレーションに大きな影響があると弊社の判断で、職種はとわずパリで働ける道をアドバイスし弊社が3年越しでアタックしていたショコラティエの売り子さんとしてワーホリで就労を開始。とにかく 真面目に誠実に働いた、、、こんなことするためにパリに来たのではない なんていう心が1ミリでもあったら今のポジションを獲得することはできなかっただろう。パリのショコラティエで働きながら 充実した日々を過ごして 1年のビザを有効に使って 無事帰国。フランス語の上達ぶりも目を見張るもの。就労を始めて 3ヶ月くらいたった頃にはオーナーから弊社に直接電話をもらい、、、1年の就労の後は労働ビザを申請して長く働いてもらいたいのでミルジョワの了解を取りたいと。。。労働ビザがとれるかどうか ましては売り子さん。でもそう思ってくれたオーナーの気持ちが有難い。そして帰国後 すぐにオーナーは手配、、、なんと晴れて彼女は今 再びパリの空のもとで日本には支店をあえてもたないショコラティエのショコラをリュクサンブール公園前のブティックで売っている。彼女の笑顔がショコラと共に輝いているのは間違いない。

ミルジョワ 佐藤から一言
とにかく 謙虚、ひかえめ。常識的な素敵なきちんとご両親からしつけをされたとわかるお嬢さん。彼女のデザインはとても素直で夢のあるもの。パリで長く生活しても 日本人として素敵に生きて下さい。

フランスWHビザで働く際の注意事項
〜弊社が紹介する仕事先について〜
ご存知の通り、WHビザは期限付きのビザです。入国から出国まで1年以内。ということはどんなに最長で働けたとしても就労も1年以内となります。1年も働かない社員に5週間の有給休暇があるはずがありません。
そんな奇特な会社経営者はおりません。そして 仕事もままならないうちに自分のお休みはいつか聞くことも常識人ならいたしません。ましてや有給休暇があるかどうかなど論外です。聞く人いるの?と思いますよね。
(フランスは雇用主より雇用される側がかなり護られいてる国。もちろんお休みはあります。)
確かに聞いていけないことではないです。でも 聞くことでもありません。そういう所でその人の人間性がでてしまいます。

要は異国の地でどれだけ雇用主から認められるか、です。お給料もお休みもきちんとするのがフランスの国の法律です。だからといって 規則通り法律通りの働き方をするか、時にはそれを度外視し感謝の心で働くか、フランスは日本以上にそういうところがその先の滞在に影響する国です。日本人よりずっとずっと人間臭いのがフランス人です。

要は “フランス語もままならない自分を、VISAの関係で長く働けない自分を雇って頂き感謝します”
という心があるかどうかです。感謝の心を失うと勘違いが始まります。Attention !!


ミルジョワ企画 Mille joies Planning
Tokyo, Paris, Aix-en-Provence, Firenze
Copyright (c) Mille Joies Planning. All rights reserved.

アクセスマップ