France Bonjour Mille Joies Planning
Mille Joies Planning Mille Joies Planning
ミルジョワ企画とはフランスワーホリ&留学フランス流で魅力的な滞在Voyage au Japon pour les français La maison du tissu de Kimono

ワーホリビザ取得→渡航まで
ワーホリビザ申請について
フランスStudio住宅事情
ワーホリ&留学体験記
ミディピレネー/ジュラ地方(Y. Yさん)
                       2017年度
トゥール/パリ(Mr.Suzukiさん)
                        2017年度
ブルターニュ/パリ(N・Mさん)
                        2016年度
ミディピレネー/パリ(S・Kさん)
                        2016年度
ロワール地方/Angers( H・Tさん)
                        2016年度
ミディピレネー/パリ(Tさん)  2015年度
トゥールーズ近郊(Kさん)   2015年度
ブルターニュ(A・Sさん)    2015年度
ブルターニュ&パリ(Mr. S Nさん)
                        2013年度
ボルドー近郊 プジョル(草野さん)
                        2013年度
パリ(小山さん)         2013年度
パリ(小野田さん)       2013年度
パリ(奥村さん)         2012年度
ジュアンレパン/ビアリッツ(廣瀬さん)
                       2012年度
パリ(T.N.さん)         2012年度
パリ(村上さん)         2012年度
ブルターニュ(稲毛さん)   2012年度
パリ(影山さん)         2010年度
パリ(Mr. Tさん)        2010年度
サンセール(外川さん)    2009年度
ヴィッシー&パリ(Y・Mさん) 2008年度
パリ(田中さん)         2008年度
アルザス(西田さん)      2008年度
ニース(村野さん)        2007年度
パリ(金井さん)         2007年度
ヴィッシー(高嶋さん)     2006年度
ヴィッシー、パリ(西山さん)  2006年度
ニース(青木さん)       2006年度
ヴィッシー(鳥居さん)     2005年度
シャトー ドゥ ラレイ(N.Wさん) 2005年度
ニース(尾尻さん)       2005年度
ニース(堀内さん)       2005年度


●ワーホリ体験記

2010年12月末に渡仏
滞在先:パリ 語学学校ののちパリ在住
体験者:影山聖子さん

 日本を出発時 すでにある程度の仏語は話せるようにはなってましたのでこれで3ヶ月現地の語学学校にいけば かなり上達が予想されると手配。語学力、人的には全く問題なく お勧めの人材でしたが2011年の募集が中々 芳しくなく 出発迄に就労は決めずに渡仏。とにかく ガッツのある優秀な人材でした。
------------------------------------
私は2010年度のワーキングホリデービザを取得して、同年の末に渡仏しました。
その後のフランスでの生活で、挙げると切りが無い程、たくさんの貴重な体験をさせて頂き、間違い無く一生忘れる事の出来ない一年間となりました。
これから渡仏予定(もしくは検討中)の皆さんに、少しだけ先にフランスワーホリ生活を経験した私から、お伝えしたい事。
それは、「外国で外国人として暮らす事は、大変!」という事です。
「そんなのは当然だ!」と思われるかもしれませんが、実際にフランスで生活をしてみると、この言葉の重みをご理解頂けると思います。
私の苦い経験から、どうしてもこの事を皆さんにお伝えしておきたいのです。

渡仏前の私は、全ての事を甘く見ていました。特に、語学と就労に対して。 どう考えても、生活の基本となるこの二点に対してさえ、「どうにかなるさ」とあま〜い考えを持ったまま渡仏をしたのです。今考えると恐ろしいです。
「どうにかなる」ものなどほんの少しで、大半の事は自分で「どうにかする」必要がある事に、渡仏してから気が付きました。

まず最初の三ヶ月間、佐藤さんからアドバイスをして頂き、私はVichyの語学学校CAVILAMに通いました。ホームステイ先の家族・先生・クラスメイトにも恵まれ、楽しい学生生活を送る事ができました。
あっと言う間に三ヶ月が過ぎました。しかし、焦る気持ちとは裏腹に、フランス語はなかなか上達せず、まだまだ就労にはほど遠い語学力でした。にも関わらず、「せっかくのワーホリビザなので、これ以上学生生活を続けるよりも仕事をしたい。」という私の意思を尊重し、佐藤さんが私の条件に合う就労先を紹介してくださいました。
ところが、私はそのお話をお断りしたのです。理由は、「渡仏前に思い描いていた仕事内容と違った為」です。今考えると、なんてバカな事をしたのだろうと思います。 語学もままならずこれといった専門分野もない外国人の私を、雇ってくれる職場なんてそう簡単には見つかりません。そんな事も理解できないまま、私はフランスでの生活の方向性を見失っていました。もう帰国をしようと思いました。 「母国語が通じるってなんて素晴らしい事なんだろう。その事に気が付けただけでもこの三ヶ月の経験は無駄ではない。」自分にそう言い聞かせていました。

そのとき、帰国前の記念に旅をする事を思いつきました。友人の住むイタリアに数週間滞在した後、せっかくなので、憧れのパリで一ヶ月を過ごす事にしました。
結果的に、この旅がきっかけでパリでの仕事に巡り会う事ができ、ビザの期限ギリギリまでフランスに滞在する事が出来たのです。

パリ滞在中も、佐藤さんは私をしっかりとサポートしてくださいました。
その中でも特に思いで深いものは、7月にDoue-la-Fontaineで行われたバラの世界コンクールで、通訳として日本代表チームに同行をさせて頂いた事です。本当に素晴らしい体験をさせて頂きました。

その後も、たくさんの恵まれた出会いがあり、最終的には「フランスの花屋で修行する」という夢をかなえる事ができました。

今振り返ってみると、この一年間あっという間でした。
迷いながらも、自分らしく精一杯走り続ける事が出来た事は、かけがえの無い経験です。本当にフランスワーキングホリデーに挑戦をして良かったです。

こう思えるのも、佐藤さんのサポートがあったからです。言い難い事でも、こちらの為を思ってしっかり指摘してくれる。信頼できる佐藤さんに出会えたからこそ、フランスでの私があります。
右も左もわからない外国で「頑張る!」と言っても、何からやればいいのかわからないものです。そんなとき現地事情に精通した佐藤さんからのアドバイスは本当にありがたかったです。

繰り返しになりますが、「外国で外国人として暮らす事は、大変!」でした。
だからこそ、自分をしっかりと持ち目標を明確にする事が何より大切です。そうでないと、行き先を見失ってしまいます。途中帰国する人も多いと聞きます。
それから、フランス語はやはり大事です。よく、「フランスに行けば話せるようになる」という考えを聞きますが、それは甘いです。特にパリには日本人がたくさんいて狭いエリアであれば、日本語だけでも暮らせてしまいます。それに、片言の英語も通じてしまいます。実際に、もう何年もパリに居るのに、フランス語をほとんど話せないままの日本人にもたくさん出会いました。でも、それではフランスに居る意味が無いと私は思います。結局は個人の努力次第です。日本に居ても出来る事はあります。フランス語は、少しでも勉強するに越した事はないのです。

目標を明確にし、しっかりとフランス語に取り組む事。この二点を、私の反省を踏まえて、これから渡仏をされる皆さんにアドバイスをさせて頂きます。
フランスでのワーホリ生活は楽ではありませんが、素晴らしいものです。これから渡仏される皆さんのフランスでの毎日が充実したものでありますように。心からお祈りいたします。

大人材 ご紹介!
パリのショコラティエの売り子さんとして労働ビザ取得

「2013年3月からパリのショコラティエの売り子さんとして2014年3月まで働いていた小野田さん」
ミルジョワ企画 代表:佐藤 が感心した、いまどき珍しい 礼儀正しく、誠実で、控えめ それでいて頑張り屋さんの大・人材をご紹介!
弊社に登録後、アドバイス通りにフランス語の学習に努力を続け、本人の希望の職種ではワーホリで働くことは厳しいとの助言にもきちんと耳を傾け、自分は何ができて 何ができないのか、をしっかり受け止められる謙虚な小野田さん。デザインの道で働くことはできなくても パリでの生活はデザインのインスピレーションに大きな影響があると弊社の判断で、職種はとわずパリで働ける道をアドバイスし弊社が3年越しでアタックしていたショコラティエの売り子さんとしてワーホリで就労を開始。とにかく 真面目に誠実に働いた、、、こんなことするためにパリに来たのではない なんていう心が1ミリでもあったら今のポジションを獲得することはできなかっただろう。パリのショコラティエで働きながら 充実した日々を過ごして 1年のビザを有効に使って 無事帰国。フランス語の上達ぶりも目を見張るもの。就労を始めて 3ヶ月くらいたった頃にはオーナーから弊社に直接電話をもらい、、、1年の就労の後は労働ビザを申請して長く働いてもらいたいのでミルジョワの了解を取りたいと。。。労働ビザがとれるかどうか ましては売り子さん。でもそう思ってくれたオーナーの気持ちが有難い。そして帰国後 すぐにオーナーは手配、、、なんと晴れて彼女は今 再びパリの空のもとで日本には支店をあえてもたないショコラティエのショコラをリュクサンブール公園前のブティックで売っている。彼女の笑顔がショコラと共に輝いているのは間違いない。

ミルジョワ 佐藤から一言
とにかく 謙虚、ひかえめ。常識的な素敵なきちんとご両親からしつけをされたとわかるお嬢さん。彼女のデザインはとても素直で夢のあるもの。パリで長く生活しても 日本人として素敵に生きて下さい。

フランスWHビザで働く際の注意事項
〜弊社が紹介する仕事先について〜
ご存知の通り、WHビザは期限付きのビザです。入国から出国まで1年以内。ということはどんなに最長で働けたとしても就労も1年以内となります。1年も働かない社員に5週間の有給休暇があるはずがありません。
そんな奇特な会社経営者はおりません。そして 仕事もままならないうちに自分のお休みはいつか聞くことも常識人ならいたしません。ましてや有給休暇があるかどうかなど論外です。聞く人いるの?と思いますよね。
(フランスは雇用主より雇用される側がかなり護られいてる国。もちろんお休みはあります。)
確かに聞いていけないことではないです。でも 聞くことでもありません。そういう所でその人の人間性がでてしまいます。

要は異国の地でどれだけ雇用主から認められるか、です。お給料もお休みもきちんとするのがフランスの国の法律です。だからといって 規則通り法律通りの働き方をするか、時にはそれを度外視し感謝の心で働くか、フランスは日本以上にそういうところがその先の滞在に影響する国です。日本人よりずっとずっと人間臭いのがフランス人です。

要は “フランス語もままならない自分を、VISAの関係で長く働けない自分を雇って頂き感謝します”
という心があるかどうかです。感謝の心を失うと勘違いが始まります。Attention !!


ミルジョワ企画 Mille joies Planning
Tokyo, Paris, Aix-en-Provence, Firenze
Copyright (c) Mille Joies Planning. All rights reserved.

アクセスマップ